UIにおけるホームページデザインの考え方とは?初心者の方は必ずチェックしよう!

2016年10月24日 | By admin |

ボタンと静止画像を明確にしよう

現在のホームページの中には、ブラウザから入力を行いサーバーに処理をさせて結果を返す事もよくありますよね。そのためのUIは、分かりやすいデザインを心がける事が重要です。よく利用される様な平面的な静止画像をボタンとして扱えば、分かりにくいデザインになってしまいかねませんよ。ボタンだと分かりやすい様に立体的な画像を扱う事もポイントです。HTML言語でもボタンの様な表示が出来るプログラム言語がありますよね。決して魅力的だとは言えないため、画像編集ソフトを利用して作り上げる立体的な画像がお勧めです。

必要な領域を広く、不必要な領域を小さく

ホームページにおけるUIによっては、様々なアクションが出来る様に様々なボタンを必要とする事もありますよね。人によっては、必要なボタンが違う事もありまして、その他のボタンの領域が不必要な場合もありますよ。不必要な領域が多ければ、扱いにくいデザインとして判断されてしまう可能性が高まってしまいます。入力をした情報を結果として表示させる場合は、必要な領域として確保する必要性もありますよね。沢山のボタンを必要とする場合は、プルダウンメニューなどを利用するのも一つの方法ですよ。

身近な生活にある入力装置を参考に

ホームページにおけるUIは、決められたデザインでなければならないとは限りません。身近な生活の中には、様々な入力装置がありまして、その形をそのまま取り入れる事も出来ますよね。例えば、照明のスイッチなどは、オンとオフを切り替えるアクションとして最適です。ボリュームを調整する様な丸いデザインは、数字を調整する場合に扱いやすい事もありますよね。インターネットが普及する以前からのUIは、人の心理を詳しく分析した上でデザインされている事もよくあります。その様なデザインを取り入れる事によって、扱いやすいデザインにして行く事が出来ますよ。

レスポンシブデザインとはWEBデザインの手法です。同じホームページ上でスマホやPCやタブレットで見ようが画面サイズに合わせて最適化するデザインです。端末に合わせてページを用意する必要がなくなります。